基板組立

エキスパート技術者による超精密なはんだ付けを実施。
高品質なプリント基板を提供します。

製品の品質レベルを維持向上させるため、はんだ付け作業は、厳しい社内認定に合格した熟練エキスパート技術者に限定。自動実装機では接合不能な極小部品や、大型のリレ-・コネクタ・コイル、異形部品等は、手挿入と超精密はんだ付けを行い、高品質なプリント基板を完成させます。

田中電工の基板組立ソリューション

最新DIPラインにより、効率的生産が可能。RoHS指令の鉛フリーに準拠。

最新のDIPラインにより、基板マスキング処理のほか、パレット工法によるDIPも可能。部品個々の履歴情報を記録し、トレーサビリティーを徹底しています。
また、RoHS指令の鉛フリーに準拠。部材はもちろん、治具・工具・副資材に至るまで蛍光X線分析で鉛含有量を検査。鉛含有率1000ppm以下となるよう、厳正な管理を行っています。

目視検査、インサーキットテスター、ファンクションテスター等、
厳格な検査に合格した良品だけをお届けします。

基板組立工程においては、部品やリードの浮き、極性相違などの実装不良を目視検査で徹底的に確認。万一不適合が出た場合は、その原因を究明し、不適合を防止しています。最後に、インサーキットテスターによる基板検査や、ファンクションテスターによる動作検査を実施し、厳格な検査に合格した完成品だけをお客様のもとへお届けいたします。

ソリューション

材料準備、配膳

当社では基板組立、完成品組立等に関する部材は全て生産ロットに合わせた必要数の員数配膳を徹底し、不具合の流出を防止しています。

手挿入&自動はんだ付け(フロー)ライン

遠赤外線方式のSPF2-400(千住金属工業)を設置。さらに、修正用スポットはんだ槽や、スプレーフラクサーを配備しています。

分割機

SONY製プリント基板分割機4台を保有。カウンター数値によりルーター刃の交換時期を管理。一定の使用時間を経過したものは刃先の摩耗の状態を問わず交換を行い、常に最良の切削を維持しています。

基板検査機

OMRON製はんだ付け外観検査装置をはじめ、各種自動検査機・手動検査機、インサーキットテスター(ICT)、ファンクションテスター(FCT)を配備しています。

鉛フリーへの対応状況

下記の鉛フリー用はんだを使用しています。
初期投入用のフローはんだM705E(千住金属)、補充用のフローはんだM708E(千住金属)、フラックスEC-19S-8(タムラ化研)、リフローはんだM705(千住金属)、糸はんだSPARKLE ESC M705(千住金属)。

業務分野

電動自転車用制御基板をはじめ、モータードライバー基板、電池BOX基板等に豊富な実績を保有。田中電工の基板組立技術力は、多くの電機メーカー様からご評価いただき、多様な分野の基板組立をご注文いただいています。

  • 電動自転車用制御基板
  • モータドライバー基板
  • 電池BOX基板
  • スピードコントローラー基板
  • 深井戸ポンプ制御基板
  • ブレーキユニット制御基板
  • etc…

基板組立例/一部※各写真をクリックすると、拡大画像をご覧いただけます。