基板防湿加工

自社開発の高性能自動搬送硬化炉により、防水性に優れたポッティング加工が可能です。

田中電工では、基板製造とあわせて、高品質な基板防湿加工を実施。一般的な「1液性ウレタン・シリコン樹脂」によるコーティングはもちろん、防水性に優れた「2液性混合ウレタン樹脂」によるポッティング(樹脂盛り)も可能です。特にポッティングにおいては、独自開発の「自動搬送硬化炉」により、高品質・低コストな大量生産を実現しています。

田中電工の基板防湿加工サービス

ポッティング専用「自動搬送硬化炉」を導入
液剤温度・時間を自動的にコントロール。

田中電工では、ポッティング加工専用の「自動搬送硬化炉」を自社開発。独自の制御技術を駆使し、各液剤の温度・時間管理を自動化し、高品質を維持しつつ大量生産を可能にしました。
硬化完了後の基板は、ロボット機能により自動搬送され、適切な状態で保管。さらに、1台ごとに異なる液剤量を注入するよう設定するなど、フレキシブルな調整も可能です。

田中電工の特長

  1. 最小3gから溶剤吐出量を微調整するギアポンプ方式

    精密な流量制御が可能なギアポンプ方式の採用により、溶剤の微量吐出を実現。最少3gから、溶剤吐出量を微調整することが可能です。

  2. 高品質な量産体制を実現する自社開発「自動搬送硬化炉」

    ポッティング工程には、マガジンラックとロボットによる自動搬送装置を搭載した、独自開発の「自動搬送硬化炉」を導入。高品質かつ低コストな基板ポッティング加工を提供いたします。

  3. 使用用途に応じて、あらゆる防湿コーティング剤に対応

    アクリル系、ポリウレタン系、シリコーン系など、あらゆる1液性防湿コーティング剤に対応。当社の長年の経験と各プリント基板の使用用途に応じて、最適なコーティング剤のアドバイスも可能です。


独自の制御技術を駆使し、防湿工程の温度・時間を短縮。
自動化により最大144台/hの大量生産ニーズにお応えします。

田中電工では、当社のコア技術の一つである温度・時間等の制御技術を駆使し、ポッティング工程のセミオートメーション化を実現しています。当社実績で、最大144台/hをマークする高速大量生産が可能。自動化による量産効果を活かして、高品質なポッティング加工を低コストでご提供いたします。

サービス

  • 1液性防湿加工(コーティング)

    1液性防湿加工(コーティング)

    実装済のプリント基板に対して、ウレタン、シリコンなどの各種コーティング剤を使い、優れた防湿加工を実施します。

  • 2液性防湿加工(ポッティング)

    2液性防湿加工(ポッティング)

    自社開発による「自動搬送硬化炉」を使用し、防水効果の高いポッティングを実施。硬化完了後、基板は自動的に搬送され、高効率な大量加工を実現します。なお、当社では、「2液性サンユレックUF820A/B」を標準使用しています。

業務分野

防塵・防湿・防水・耐震等、多様な機能を付加する基板防湿加工に豊富な実績を保有。田中電工の基板防湿加工技術力は、多くのお客様にご評価いただき、多様な基板の防湿加工をご注文いただいています。

  • 室外設置機器制御基板(防塵・防湿)
  • 水周り機器制御基板(防水・防湿)
  • 設備制御基板(耐震・防塵)

etc...

基板防湿加工例/一部

      ※各写真をクリックすると、拡大画像をご覧いただけます。