放送システム製品

放送局で使用されているプロ用放送システムを修理。映像のプロの厳しい目に応える修理を提供しています。

放送局で使用されているプロ用放送システム製品を修理。放送用VTRカメラ・編集機・設置型送出用VTR(スタジオ機)から、スチールカメラ、4Kカメラまで、ハイレベルな調整を実施します。高度な専門知識と技能を保持するエキスパート技術者が、放送のプロフェッショナルが求める高パフォーマンスを発揮できるよう、厳密な機器調整を行います。

田中電工の放送システム製品サービス

お客様の修理拠点へ駐在し、生産ラインと
同一の設備により高度な修理を実施。

放送システム製品の修理は、当社サービス拠点で実施するケースのほか、お客様工場内に当社の修理部門が駐在することも可能です。
駐在によりクイック対応が可能となるほか、セキュリティ面も強化。生産ラインと同一の設備を使用することで、民生機とは異なる高次元で、輝度・色調・画質等にこだわった修理を実施。そのハイグレードな映像品質は、プロフェッショナルから高いご評価を獲得しています。

田中電工の特長

  1. 大手電機メーカーからの委託により、プロ用映像製品を修理可能

    例えば、設置型送出用VTR(スタジオ機)は超高密度に部品が配置されており、1台につきコンデンサーの数だけでも約600点、基板数が20枚、重量20kgにも達します。大手電機メーカーの委託を受けた当社の精密な技術力が、これらの修理を可能にします。

  2. 技術力の高さが評価され、海外からも多数受注を獲得

    BGA/CSPリワーク機「dic RD-500sII」を配備。独自の技術とノウハウによるBGA交換は、海外からも多数受注を獲得しています。日本や北米、中南米で採用されているNTSC方式のほか、西ヨーロッパ諸国をはじめ中国などのアジア諸国やアフリカなどで利用されているPAL方式にも対応可能です。


高度な専門知識と技術力を備えたマルチスキル技術者が
シビアなチューニングで機器の性能を最大限引き出します。

田中電工の放送システム製品修理スタッフは、全員がマルチスキルを身につけたエキスパート修理技術者です。複数のスキルを駆使し、1人で1台の修理を完結することが可能です。このようなセル方式の採用により、各自が責任を持ってエンドユーザー様に信頼性の高い修理をご提供いたします。

サービス

  • プロフェッショナル用ビデオカメラ

    プロフェッショナル用ビデオカメラ

    報道取材用VTRカメラ、メモリーカード型VTRカメラ、放送用カメラ(スタジオ用)をはじめ、ハンディな小型カメラ(業務用ビデオカメラ)、屋内設置型のリモートカメラ、屋外常設の情報リモートカメラ(お天気カメラ)等の修理を行います。

  • プロフェッショナル用ビデオ機器

    プロフェッショナル用ビデオ機器

    デジタルVTR編集機をはじめ、ミキサー、スイッチャー等、放送局で使用するプロフェッショナル用ビデオ機器の修理を実施しています。

業務分野

報道取材用VTRカメラをはじめとする、放送システム製品全般に豊富な修理実績を保有。田中電工の修理技術力は、放送局様に高いご評価をいただき、さまざまな放送システム製品の修理をご発注いただいています。

  • 報道取材用VTRカメラ
  • メモリーカード型VTRカメラ
  • 放送用カメラ(スタジオ用)
  • 業務用ビデオカメラ
  • 屋内リモートカメラ
  • 屋外リモートカメラ
  • ミキサー
  • スイッチャー

etc...