沿革

1940年[昭和15年] 9月 大阪市旭区今市町にて松下電器産業下請工場「田中又工業所」として発足。 創業者 田中又兵ヱ
1948年[昭和23年] 8月 法人組織に改組「株式会社田中又工業所」と改称
(資本金40万円) 初代社長 田中又兵ヱ
1951年[昭和26年] 4月 現在地(大阪市旭区高殿)へ移転
1952年[昭和27年] 2月 当社敷地構内に、TVキャビネット製造工場として、 姉妹会社三田松木工(株)を設立
1955年[昭和30年] 1月
3月
三田松木工(株)が火災事故で全焼。当社も工場の大半を焼失 火災からの建て直しをめざし、復興5か年計画を樹立し、 復興式を挙行(資本金200万円)
1956年[昭和31年] 10月 田中電工株式会社と改称 松下電器産業のラジオ・テレビ用アンプの生産開始
1959年[昭和34年] 10月 火災からの復興5か年計画を、半年早く達成(資本金500万円)
1960年[昭和35年] 1月 労働組合結成承認(上部団体:電機労連)
1961年[昭和36年] 6月 松下電器産業の録音機用プリント配線基板の組み立て開始
1967年[昭和42年] 10月 部品工場(大阪市旭区高殿6)新設、プリント基板の製造開始
1969年[昭和44年] 5月 系列会社 小松電子株式会社設立
1971年[昭和46年] 10月 資本金7,500万円に増資
1972年[昭和47年] 4月 初の自社開発商品:ミニ電卓(商標名:マタック)を発売するも失敗に終わる
1974年[昭和49年] 9月
 
10月
オイルショックにより業績悪化。 部品工場や女子寮など外部保有資産のほとんどを売却。 サービス事業はじめ、新規事業へ着手。 第2代社長 田中睦 就任
1977年[昭和52年] 8月 松下住設(株)【現、パナソニック株式会社・ホームアプライアンス社】 と取引開始
1978年[昭和53年] 4月 系列会社 小松技研株式会社設立(平成15年10月 小松電子へ吸収合併)
1990年[平成2年] 7月 ワープロイン四条畷開設(平成9年8月閉鎖)
1992年[平成4年] 11月 門真工場開設
1994年[平成6年] 6月 摂津P板工場開設(平成12年3月閉鎖)
1998年[平成10年] 5月 ISO - 9001認証取得
1999年[平成11年] 7月 首都圏サービスセンター開設
2000年[平成12年] 12月 ISO - 14001認証取得
2001年[平成13年] 4月 第3代社長 田中義也 就任(会長 田中睦)
2004年[平成16年] 3月 東京営業所開設
2011年[平成23年] 6月 取締役会長 田中睦 取締役相談役に就任